Speecys−FC
Speecys−FC
ロボット用複合燃料電池システムを搭載した本格的2足歩行ロボット
『Speecys−FC』

私たちは、次世代のクリーンエネルギー として注目されている燃料電池をロボット用に最適化したロボット用複合燃料電池システム 「Speecys Composite Fuel Cell System」を開発しました。
充電の必要がなく、環境に優しい燃料電池は、将来ロボットの普及が進んだ場合の駆動エネルギーとして、有望なマテリアルであると考えます。
そこで当社ではいち早く、燃料電池駆動の2足歩行ロボットの開発に着手し、このたび研究や展示用途での使用が可能となりました。
Speecys-FCでは、燃料電池システムの構成を工夫し、出力の安定化を図りました。また、ベースとなった
当社のロボットシステム「Speecys」 は 大きなトルクのサーボを使っており、燃料電池などの重量物の装着も可能で、また広範囲な動作電圧で動作可能なため、実用レベルにまで到達することができま した。

Speecysイメージ
PageTop


関節可動部自 由度

3×2

上半身回転

1

脚部

6×2

合計

19自 由度

プロセッサユ ニット

RPU-100(双葉電子工業 製)

OS

Speecys OSNetBSDベース)

サーボ

RS601CR(双葉電子工業 製)

外部接続用
汎用イン ターフェース

無線LAN標準装備 (IEEE802.11b準拠 )

センサー

サーボ内蔵

サーボ個数分

ジャイロセン サー

1軸  

2軸、3軸オプション)

3Gセンサー

1セッ ト

寸法/重量

50cm/4.2 kg

消費電力

1.7A(ひざを曲げて静立時)
3A前後(歩行 時)

燃料電池外観燃料電池装着
■搭載燃料電池システムの仕様
定格出力 9.6V  25W
定格電流 3A

ピーク電流

5A
水素消費量 約2分 /1L(定格出力時)
燃料電池ス タック重量 約105g ×5本
16L水素 吸蔵合金ボンベ 330g
9.6V 160mAニッケル水素バッテリー 33g
レギュレー タ 19g
ロボット可動電圧範囲 7〜14V

【燃料電池とは】

  水素と酸素を科学反応させて電気エネルギーを取り出 す発電装置です。

  化学反応としては「水の電気分解の逆原理」といわれ ています。

  排出物は水のみで、将来のクリーンエネルギーの柱の 1つと期待されています。

【当社燃料電池システムの特長】

  化学反応で発電するので、騒音、振動がありません。

  今後、家庭用途への普及が期待される 固体高分子型燃料電池です。作動温度が低く、 簡便、
  かつ安全で装置の小型化が可能です。また、起動に必要な時間が短いので、頻繁に運転/
  停止が行われる用途に適しています。

  シンプルな構造。(ファンやドレンなどの付加装置な し)

  負荷電流のおだやかな変化はアシスト スタックを付加した燃料電池に、瞬間的な電流 の変化
  はニッケル水素電池に受け持たせることで、ロボット動作時の電流変動に対応した複合燃料
  電池システムです。

  反応により生成された水は反応熱により蒸発します。

燃料電池システムCFCS
掲載写真の仕様および外観は、改良のため予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
PageTop