あなたは近未来の体験者になります。

"ロボット放送"とは、PCやインターネット、サーバと連携して各種のコンテンツを双方向配信し、ロボットの楽しい動きやサウンドで表現する新しい種類のメディアです。 家庭で楽しめる"ロボット放送"の普及に向けて、2008年6月より試験放送を開始し、年末から来春にかけてロボット放送が楽しめる"家庭用メディアロボット(ロボット本体)"を低価格で提供してまいります。

ロボット放送でできること(試験放送)


コミュニケーションインフォメーションアシスタンス
人と人を楽しい動きでつなぎます
・遠隔操縦可能な歩くWebカメラです(Remote Presence)
・動きのあるメッセンジャーです(Motion Messenger)
・自作コンテンツの交換(Motion Container)
動きで情報に立体感を与えます
・画像と一緒に踊ります(Real 3D Browser)
・ニュースや天気予報などWebにある文字情報を動き付きでしゃべります(Motion RSS)
・企業のコマーシャルもできます(Real 3D Advertising)
動き付きでお手伝いをします
・動く目覚まし、タイマー、スケジューラー(Motion Scheduler)
・大事な記念日を教えてくれます(Motion Memo)
・自動動作: 動くオブジェ(Motion Obje) 、独り言

イラスト:阿部瑞季

ロボット試験放送配信中

スピーシーズ渋谷オフィスに常設されているロボットの映像を公開しています。
ロボット試験放送評価キットを使えば、このロボットをどこからでも遠隔操作できます。
          ロボットカメラの映像                       俯瞰カメラからの映像      
      TV Show hosted by Ustream            Free video streaming by Ustream

ロボット放送に必要な3要素

ロボット放送局(インターネットサーバー)

ロボットに無限のコンテンツを提供します。TVの放送局に相当します。

家庭用メディアロボット(ロボット本体)

ロボット放送を受信し、コンテンツを再生します。TVの受像機に相当します。

ロボット放送番組(ロボット専用番組)

ロボット専用のコンテンツです。TV放送の番組に相当するものです。

ロボット放送のロードマップ

ロボット放送 製品概要

【製品化第一弾】ロボット試験放送評価キットを発売!

■ 品名:ロボット試験放送評価キット
■ 価格:399,000円(税込)
■ キット内容:ロボット本体「SPC-101C」1台
          miniSDカード(Speecys OS ver2.1) 1枚
          ロボット放送アプリケーション「BotRoller」(無償ベータ版)
               ※Javaアプリインターフェイス込み Windows PC用

【製品化第二弾】ロボット放送用次世代メディアロボットを発売!

■ 開発コード名:NNR-1
■ 大きさ:身長 約23cm、体重 約500g
■ 価格帯想定商品価格:6〜8万円
■ 発売時期:2009年2月(予定)

ご協力のお願い

当社では、ロボット放送の製品情報、開発情報を随時Webで開示していきます。開発過程もエンタテインメントにすることでロボット放送の普及に努めてまいりたいと考えています。

・メディア企業の皆様で共同プロモーションにご協力いただける方がおられましたら、ご連絡をお願いいたします。

・ロボット放送やメディアロボットを利用してくださる企業様、キャラクター・アプリケーション・コンテンツ開発企業様のビジネスに関するご支援、ご協力をお願いいたします。


このビジネスにご興味のある、企業様、メディア様のご連絡をお待ちしています。